ココナラ300円OFF!デザイナーに名刺作成を依頼!

【名刺マナー】恥のない名刺の正しい渡し方・貰い方と順番

名刺のマナー

名刺交換をする時の受け取り方や渡し方にビジネスマナーがあるのはご存知でしょうか。

これを知らないと重要なミーティングでの第一印象が悪くなってしまう可能性もあるので名刺交換のマナーは必要最低限は把握しておきましょう!

名刺を渡す順番に気をつける

初めて出会う場合は目上の方から名刺交換をするのが自然です。

大抵は挨拶の順番から上の方から対面するので、そのまま挨拶の順番通りに名刺交換をするのがベストです。

正しい名刺の渡し方と受け取り方

まず、事前に名刺をすぐに出せるように準備をしておきます。

相手と向き合うまでに、名刺を手に持っておくことがポイントです。スピーディーに手渡しすることで微妙な間を入れず挨拶が出来るので、事前にミーティングに必要な枚数を名刺入れなどから出しておくと良いでしょう。

名刺の正しい持ち方

基本ですが、名刺は両手で持ち、両手で渡します。

名刺は貰い手に読みやすいように向きを相手向きに構え、簡単な自己紹介が出来ると尚更好感度アップです。

「〇〇会社営業部の〇〇と申します、宜しくお願いします」

自分の名前を指で隠さないように持つのがベストです。

手渡しのマナー

名刺入れなどを中指から小指の3本で支え、人差し指と親指を使い名刺を上に乗せるように持ちましょう。

同時交換する場合は、タイミングを見計らって自分の右手で相手に手渡し、同時に左手で受け取りを行いましょう。

もらった後は、貰った名刺を一旦見ましょう。名前や役職を確認し、相手の顔をマッチするチャンスです。人の名前が覚えられない方も多いと思いますが、相手の名前をしっかり覚えることがよりスムーズなミーティングに繋がりますし、好感度もかなり差が出ます。

貰った後の名刺は?

会議などの場合は、自分の席のテーブル左側に名刺を並べましょう。万が一名前が出てこないときに失礼にならないよう自分の見える範囲に置くことが大切です。

頂いた名刺は後に名刺アプリなどで保管して整頓しておきましょう。

ビジネスマナーを守りつつ好感度アップ

このように名刺交換にも様々な暗黙の了解があり、知らないとビックリされてしまいます。当然のことをしっかりすることで好感度がアップするので是非正しい名刺交換をしましょう。

コメント